何気なく暮らすことを楽しもう!お金がなくても幸せを感じるには

お金が無くても人生楽しもう!前向きに生きるための考え方と楽しむ工夫

人間の幸せはお金では計れない!・・・と言いつつ、やっぱりお金は大事です。ですがそのお金に捕らわれてしまって目の前の幸せを逃してしまってはいけません。確かにお金はとっても大切。ですが、お金では手に出来ない日常の当たり前の幸せをかみ締める機会も必要です。今回は、そんな日常の中に潜む幸せをご紹介します。またお金が無くても楽しめるちょっとした趣味もご紹介。「お金が無くてもなんとかなる!」そんな前向きな気持ちで毎日を頑張って生きていきたいですね。

健康って素晴らしい!

人間誰しもコンプレックスはあります。整形外科には想像以上にある程度美人のお客さんが多いとのこと。それほどまでに一見自分に無いものを持っているような人でもそれぞれ悩みや劣等感を持ち、日々戦っているのです。ですが一旦自分の体の状態を見てみましょう。目が見えて耳が聞こえて、五体満足で歩いたり走ったりすることができます。食べたものはしっかりと消化されるし、寂しい時は誰かに連絡するために指や声帯を動かすことだってできます。お金があってもそれだけでは幸せとは言えませんし、何よりお金で健康な体を買うことは難しいです。健康な体さえあれば未来はどうとでも変えていくことが出来ます。まずは今自分の体がしっかり動いてくれていることに感謝し、家族や友人が健康である奇跡にも感謝しましょう。

外に出て広い世界を感じよう

お金が無くても前向きな気持ちさえあれば幸せはあとから付いてきます。ですがお金が無いからとずっと家の中で幸せを待っていてもなかなか結果は訪れません。たまにの休日、いつも歩いている街でも是非外に出かけてみましょう。何も無くても良いのです、新しい発見があるかもしれない!という気持ちが大切です。そして人間にとって日光は非常に重要です。日光を浴びることにより脳の中で生成されるセロトニンは別名「幸福物質」と呼ばれ、気持ちをポジティブにする効果があり欝病対策や改善にも有効です。お金が無いからって卑屈になっていても仕方ありません。長い人生、多少楽観的な方が楽しめるというものです。そして家の中にいるといつも同じ温度で同じ明るさになってしまいます。前向きな気持ちのためには変化が大切。外に出て季節の風を肌で感じ、日が落ちる様を目で感じ、街のざわめきを耳で感じ。そうやって体で世界を感じることで、自分の心や感受性も刺激され続けるのです。

ゼロから作れるキャンドルで「当たり前」を「特別」に

とは言えども、何も嫌な気持ちを我慢して無理に外に出る必要はありません。そんな人は家の中で非現実的な空間を演出して、「どこにいても自分の気持ちさえあれば楽しめる」というスタンスを身に着けましょう。そのための趣味をお1つ後紹介します。今女性を中心に流行しているキャンドル作り。実は揚げ物で残った廃油を使用して作れるというのはご存知ですか?まずは廃油をグツグツ言い出す80度あたりまで温めなおしてから油を固める薬剤を入れます。通常使っている安いもので問題ありません。それをジャム瓶などの耐熱性の瓶に注ぎ込んでから、固まる前にティッシュで作ったコヨリを芯の代わりに入れるだけです。もしもあるようでしたら事前に瓶の中に刻んだクレヨンを入れてから混ぜると好きな色のものを作ることができます。アロマオイルがある人はもちろん入れて構いません。これだで、初期費用がほとんど全くかからないオリジナルキャンドルの完成です。バスタブの淵などに火をつけて置いておくだけで、いつものバスタイムが幻想的でロマンティックな雰囲気になってリラックスできること間違いありません。人間誰しもお金が無いと自分の生産性の無さに嘆いてしまうこともあるかもしれません。そんな時にハンドメイドというのはとても効果的です。自分にしか生み出せないオリジナリティーは、誰にも否定されることのない唯一無二の価値があるのです。


足りないものばかり見ず、足りているものに喜びを

人と比べて自分には○○がない、昔はあったのに今は●●がない…などと今の自分に足りないものばかりを気にして生活していると幸せになれるはずもありません。足りないものなんて誰にだって挙げていけばいくらでもあります。では、今足りているものは何ですか?住まい、食事、仕事、家族、健康…自分にとって贅沢でもなければ当たり前と感じるようなものですら、人から見ればお金を出してでも欲しいようなものである場合もあります。自分にとって当然のことは、しっかりと生活の一部となり自分に常に関わっていてくれるからこそ何とも思えないのでしょうが、いざそれが足りなくなったり失いそうになった時にどれだけ大切なものであったか気づくことになると思います。今足りているものにこそ喜びを感じながらこれからも維持していくことを心がけるだけでいいのです。そうすることで欲張らずに自分の幸せな現状に気づくことができます。

人が羨ましく見えてしまうのはその人の苦労している部分を知らないだけかもしれませんし、周りから見ればこちらこそ羨ましく思われているかもしれません。他人ばかり気にせずに自分の今を見つめてみれば、意外と悪くもないなんて思えてきたりするものです。

贅沢しないからこそ得られる喜びもある

毎日高級なおいしいものを食べたり、歩ける距離でも楽な手段で移動したり、そんな贅沢な暮らしをしているとそれが当たり前になってきて、気づけば喜びも感じられなくなるでしょう。お金をかけているのに喜びを感じられないなんてとっても残念なことですよね。では、普段からつましい暮らしをしている人はどうでしょうか。普通の食事をしている人がたまに奮発していいものを食べたり、いつも徒歩や自転車で移動している人が車で移動できた時、なんておいしいんだ!なんて楽なんだ!と幸せになれると思うのです。普段から贅沢しないからこそ得られる喜びというものは、お金がない人こそ得られるチャンスが多いのではないでしょうか。

身の丈に合った生活をし続ける

ちょっとお金に余裕ができるといつもよりいいものにお金を使いたくなりませんか?無意識のうちに生活レベルを上げてしまうとなかなか元には戻せない方も多いようです。一時的に余裕があっても本来の自分の身の丈に合った生活をし続けることが大切で、それだけで無駄な出費をなくしていざという時のために蓄えておける賢い人になれるでしょう。宝くじが当たって一気に使い込んでしまい、その後ボロボロの人生を送る人もいますよね。あぁあの時の贅沢さえなければ…なんて後悔しても、そうなってからでは遅すぎます。そうなる前に自分に言い聞かせておきたいですね。

節約の楽しさを知る

買い物をしてポイントを貯めたりいつもより安いお店を見つけた時などに小さな幸せを感じることがあります。感じていないならもう少し意識してみてください。節約なんて面倒だと思っているのはもったいないですよ。その楽しさを知ればクセになってどんどん節約上手になっていきます。節約なんて貧乏くさいだなんて考えを捨て、賢い暮らし方ができる上級者なんだという考えを持ってみればもっと節約をしたいと思えてくるでしょう。繰り返していくうちにそれが当たり前になっていき、節約とすら思わなくなりますよ。そうすればますますストレスなくお金を貯めていけますね。

何気なく暮らすことを楽しもう!お金がなくても幸せを感じるには

お金がないと気持ちに余裕がなくなってきます。気づけばお金のことばかり考えてしまったり、お金に余裕がある人を嫌ってしまうような「小さい自分」になっていることに気がつくこともあります。お金が全てではないとわかっていても生きていくうえでやはり必要なもの。お金で得られる幸せもあるのは事実です。では、精一杯頑張っていてもお金がないという時にどんな風に過ごせばいいのでしょうか?少しでも楽になれるきっかけにしてもらえると嬉しいです

恋愛失恋相談室 公式LINE

恋愛失恋相談室管理人ななが貴方のお悩みに無料でおこたえします。また、随時最新情報など更新中!

LINE@ 友達追加ボタン

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です